買取可能な農機具のメーカーと種類

農機具の中には買取可能なものもあります。

 

使わなくなった農機具は自宅に保管しておいても邪魔ですので買取をうまく活用してみましょう。

 

買取可能な農機具メーカーとしてはクボタ、ヤンマー、イセキなどがあります。

 

クボタは国内最大手の農機具メーカーとして世界的にも有名。

 

クボタの農機具は故障が少なく耐久性があることから、中古市場においても人気があるため、高額買取が期待できますよ。

 

国内シェアNO2のヤンマーも農機具の定番メーカーとして人気が高く、トラクターだけではなく、耕運機、田植え機なども使いやすく機能面でも評価が高く、中古市場でもよく売れます。

 

また、農機具の種類としてはトラクター、コンバイン、田植え機、耕運機などは買取実績も豊富ですよ。

 

管理機と耕運機の違い

管理機と耕運機は一体なにが違うのでしょうか?それぞれの特徴をまとめてみましょう。

 

・耕運機

耕運機は田畑を耕すときに使う農機具です。

 

一般的には二輪駆動で小型で軽いのが特徴。

 

人がハンドルを持ち歩ていて押しながら作業をしていきます。

 

・管理機

管理機はトラクターや耕運機で耕した後の土を管理、維持するための機械になります。

 

色々な種類のアタッチメントがあるため、作業によって様々な使い分けができるのが特徴。

 

畝立てや土寄せなどの作業機を連結させて色々な作業をするのが一般的です。

 

農機具の買取相場は?

農機具の買取相場は、買取してもらう農機具の種類やメーカー、年式によっても違いがあります。

 

一般的に人気メーカーの農機具であれば買取額は高く、シェアNo1を誇るクボタの農機具は買取額が高めに設定されていますよ。

 

クボタの発動機GS200-2Gが15,000円、ヤンマーの田植え機はRJ5U-ZFが30万円前後で買取されています。

 

一般的に購入額の5%前後が買取額になることが多いでしょう。

 

例えば、200万円の農機具であれば10万円前後が買取相場になります。

 

また、新古品の農機具であれば買取相場は新品の90%前後になり、10年程度であれば半額程度で買取もできますし、20〜30年経ったものでも買取できるものもあります。

 

基本的に農機具の買い取り額は、市場価値が落ちにくいと言われていますよ。

 

高く売れる農機具は?

農機具には色々な種類があるため、高く売れるものとそうでない農機具があります。

 

基本的に中古市場の需要の多い農機具に関しては高額買取が期待できるでしょう。

 

高く売れる農機具としては、トラクター、コンバイン、田植え機、耕運機があります。

 

トラクターであればメーカーや種類によっても違いますが、10万円〜170万円程度での買取が可能ですし、コンバインであれば20〜200万円の買取額となります。

 

また、シーンによっても高く売れる農機具は変わってくるのも特徴です。

 

田植えシーズンの前には田植え機が売れ、刈り取り時期には精米機がよく売れます。

 

売れる時期の少し前に、農機具の買取依頼をすれば高額で売ることができるでしょう。

 

農機具買取査定君

https://www.noukikaitori-navi.com/

たった30秒で最大5社に農機具買取査定を一括見積もり
壊れた農機具でも買取可能&受付対応エリアは全国
複数社を比較して高額売却ができるので納得のいく結果になる

農機具買取査定君は中古農機具買取の一括査定サイトになります。

 

登録会社数は多数あり、累計問い合わせ件数も210万件以上。

 

受付対応エリアは日本全国なので、トラクター、コンバインなどの中古農機具を高額買取してくれる買取業者を簡単に見つけることができますよ。

 

農機具買取査定君は東証上場企業で、24時間365日受付中なので、すぐに売りたいという人にもぴったり。

 

1回の請求で最大5社の業者から査定を依頼できるので他社との比較もしやすいです。

 

顧客満足度、買取価格満足度、価格満足度の3冠も達成しており、初めて農機具の買取を利用するという人でも安心ですね。

 

農機具のトラブルとその対策

トラブル1

農機具の中でもコンバインでよく起こるトラブルには「ベルト切れ」と「長期保管による回転部分の錆固着による故障」があります。

 

これらのトラブルを予防するためには日々のメンテナンスがとても重要です。

 

コンバインの使用後には汚れを取り、綺麗に清掃して油をさしておくようにしましょう。

 

また使用前には必ず、回転するところを回してみて、油をさして回転部の動作確認をしてから使用するようにするとトラブル回避につながりますよ。

 

使用する前後にしっかりと適切なメンテナンスを行っておけば、故障頻度は下がりますし、長持ちするでしょう。

 

トラブル2

農機具の草刈り機やチェーンソーでよく壊れてしまう箇所としては、「2サイクルエンジンオイルの沈殿による燃料・オイル腐れ」や「キャブレター及びパッキン不良」などがあります。

 

壊れないようにするために、草刈り機やチェーンソーを使用した後は、燃料を毎回抜いて保管するようにしましょう。

 

使用していない間にも農機具は劣化してしまうので、劣化を防ぐための適切な保管方法をしっかりと覚えておく必要があります。

 

燃料を入れたままにしておくと、どうしても農機具は劣化が進みやすくなるので、使用しない間は燃料を出しておく必要があります。

 

トラブル3

田植え機を使っていると故障などのトラブルが起こることがあります。

 

田植え機では肥料の同時施肥のために、錆や、長期保管による錆腐食が起こりやすいです。

 

また肥料成分の窒素アンモニアによる作業部分の故障トラブルも頻発します。

 

肥料散布機能付きの田植え機を使用する場合には、使用後は必ず洗車を行うようにしましょう。

 

施肥機部に肥料が残っているとそこから錆腐食や窒素アンモニアによる劣化が進みます。

 

施肥機部を綺麗に洗って、最後に油をさしておけば腐食を防ぐことができますよ。

 

いざ使用する時に使えないとなると困るので、日々のメンテナンスはしっかりと行いたいですね。

TOPへ